病院選びが一つのポイント!

出産費用対策として一つのポイントになるのが、『産院選び』です。

 

どこの産院を選ぶかによって、全く出産費用は違ってきます!

 

豪華なお部屋や食事が出てくる人気の産院は、当然出産費用が高いわけです!

 

 

そして、市民病院のような、大部屋が多いところは、比較的出産費用が低い傾向にあります。

 

理想の出産というものがあるかもしれませんが、出産費用がどうしても心配だったら、まずは元々の出産費用が安めの産院を選ぶべし!

 

どこの病院でも、出産費用には、『差額ベッド代』や『時間外』や『土・日・祝日』などの手当てがついて、ある程度追加料金が発生する可能性があります。

 

そのため、一番安い料金で考えていても、意外に高くなってしまうこともありますので、元々の分娩費用が安いところを予約しておく方が、あとから追加料金が加算されても安心感があります。

 

予算ギリギリの人が、「出産くらいは!」と、奮発して豪華な産院を選んでしまうと、後から思わぬ追加料金の発生で、お金が足りなくなってしまう可能性があります。

 

極力安く済ませたい場合は、やはり安い産院を最初から選びましょう。

 

また、地域によっては、助産院が非常に安く、格安で出産できるケースもあります。

 

しかし、助産院も、価格がピン切りのため、必ずしも普通の産院よりやすいとは限りません!

 

高い助産院もあれば、安い助産院もあります。

 

安い助産院を利用した場合、通常の産院で出産よりも、10万円近く安く出産することができたというケースもあります。

 

それでもダメなら借り入れ!

しかし、「産院予約をもうしてしまった!」と、後から出産費用の捻出に困っている人は、やっぱり産院予約を取り直すのも難しいですし、何よりも転院をするのは妊婦にとって、不安が付きまとうのでおすすめしません。

 

おカネの問題をどうにかしないといけない状況になってしまったら、出産までに何とかカードローンやキャッシングでお金を借り入れることが出来ないか、挑戦してみましょう。

 

カードローンやキャッシングで、借り入れが出来ればそれが一番楽です。

 

しかし、カードローンやキャッシングの最大の難点は、やはり『審査が通らなければ意味がない』ということです。

 

そのため、これまでローンを借りたことがなかった人や、チャンと真面目に働いている人にとっては、チャンスは大きいですが、無職や多重債務者の場合は、新たな借り入れが大変厳しい状況で、利用できない可能性が高くなります。

 

そのため、無職や多重債務者の場合は、おカネの借りるのであれば、親族に限定される確立が高くなります。

 

無職や多重債務者が出産費用で悩んでいる場合は、車やブランド品など、換金できるものを売り出産までにアルバイトを掛け持ちしたりして、少しでも出産費用を貯金する必要があります。

 

妊娠初期であれば、女性もお腹のふくらみがわかりませんので、アルバイトを続けることができます。

 

おカネに余裕がない場合は、やはりギリギリまで働いて、お金を貯める事が大事になってきます。

 

「出産費用が払えない」と慌てる前にできる対策記事一覧