初めての借り入れだったら一番手堅い手段

出産費用を一発で工面するなら、やはりキャッシングやカードローンが一番です。

 

50万円や100万円単位のお金を借りるとなると、さすがに身内でもお金を貸すことを躊躇う人も多く、10万円だったら気軽に貸せると言う人でも、やっぱり金額が大きくなってしまうと、貸してくれなくなってしまう可能性がります。

 

その点、消費者金融業者は、年収の条件などが総量規制を超えていないのであれば、きっちりとお金を貸してくれますので、精神的にも楽な部分があります。

 

身内にお金を借りてしまうと、その後に親族の間でお金を借りたことがバレバレになってしまい、肩身の狭い思いをすることもあります。

 

また、万が一返済が遅れてしまった場合、余計に身内で変な噂を立てられてしまうこともあります。

 

消費者金融業者の方が、滞納した時に、電話などの取り立てはひどいですが、精神的なプレッシャーという意味では、身内からお金を借りる方が、よほどきついというケースもあります。

 

どっちにしてもお金を借りて、しっかり返済しているのであれば問題がありませんが、身内にお金を借りたほうが、やっぱり噂は広まりやすくなってしまうので、デキれば消費者金融業者でお金を借りたほうが、そうした周りからの目を気にしないで済みます。

 

ただし、金利は、身内から借りたほうが、やっぱりお得な部分です。

 

どっちから借りるにしても、一長一短がありますので、よく考えて、借り入れをするようにしましょう。

1カ月くらいであれば無金利で借りれるケースも!

特に出産費用を、1カ月以内で、短期だけで借りたいと言う人は、消費者金融業者がおススメです!

 

というのも、消費者金融業者の場合、初めての借り入れの場合は、1カ月だけ無利息のキャンペーンを行っていたりすることが多いからです。

 

数週間後にボーナスが入るので、一括返済の見込みがある人などは、消費者金融業者の方がおススメです!

 

身内にお金の借り入れを申し入れるよりも、無利息でこっそりお金を借りることができるのですから、周りに恥を晒さずに済みます!

 

それがやはり一番の大きなポイントだと思います。

 

出産費用が足りないと周りに打ち明けることは、すごく恥ずかしい気持ちが、誰しもあります。

 

そうした悩みを打ち明けても、親族にお金を貸して貰えないこともありますし。

 

何よりも、「子供がいるのに産むお金もないんだって!」と、身内に嫌な話が広まってしまうのも避けたいものです。

 

そういう意味では、消費者金融業者で借りることは、秘密裏に物事を進めることができるのでプライベートが守られるのが長所です。

 

ただし、1カ月以上の借り入れになってしまうと、やっぱり長期の借り入れで、金利がそれなりにとられてしまいますので、身内にお金を借りるよりも高くつきます。

 

恥を晒してもいいから少しでも安く済ませたい人は身内から借りる方が良いですが、あまり身内に内情を離したくないと言う人は、消費者金融業者からお金を借りる方が、精神的なプレッシャーは楽になると思います。

 

関連ページ

直接支払い制度を導入している産院を選ぶ!
直接支払い制度って何?
クレジットカード払い対応の産院を選ぶ!
出産費用の支払いは現金だけじゃない!
助産院で出産する!
助産院についてガイド!
親族にお金を借りる!
親族からの借り入れはメリットが大きい!
買取りを利用して換金する!
車や時計の買取りを利用!
自治体の生活福祉資金貸付制度を利用する!
生活福祉資金貸付制度とは?