金利を気にしないで借りれる

出産費用をキャッシングやカードローンで借り入れることが出来なかった場合、やはり親や身内にお金を借りることが現実的な解決策になってきます。

 

親族が比較的裕福であれば、貸してもらえる確率も高いですが、あまりお金に余裕がない場合は、出産費用を貸してもらうのも、かなり苦戦することが予想されます。

 

ただし、身内からお金を借りる事によって、消費者金融業者を利用するよりも得をするのは、やっぱり『金利』の面です。

 

消費者金融業者では、金利を18%程度取るケースも多く、借入額が大きくなればなるほど、その金利の負担も大きくなってしまいます。

 

しかし、身内であれば、多くの場合は、金利までは取らないケースが多いので、純粋に元本だけを減らしていくことが出来ます。

 

借金で苦労している人の多くは、『元本』が減らないことなので、金利を取らない身内からの借金は、やはり非常に得です。

 

ただし、貸してくれるかどうかが難しい所ですので、やはり借りれない場合は、自分でどうにかするしか方法がなくなってしまいます。

 

現在、クレジットカードをはじめ、キャッシングやカードローンは、度重なる法改正で非常に審査が厳しくなっています

 

無職や低収入の人の無理な借り入れに対しては、厳しい状況が続いていますし、仕事をしている人でも希望額で可決されないことも多いですので、身内から援助をしてもらえる人は、かなり恵まれた状況にある人ですので、有効に利用しましょう。

 

借り癖がつくと縁を切られる可能性も!

おまけに、万が一出産費用を借りることができたとしても、その後に借り癖がついてしまうと、『縁を切られる』問題になってしまうこともあるので注意が必要です。

 

親族間のおカネの貸し借りは、金利がつかないので、一度味をしめてしまうと、癖になってしまう人もいます。

 

そうなった場合、離縁も含め親族間で揉めることになる可能性もあります。

 

泣きの1回で、しっかり返済をする人もいますが、中には返済もしないうちから、次の借金をお願いしてくる人もいます。

 

最初の一かいであれば、「仕方ない」と貸してくれた身内も、さすがに2回目ともなれば貸し渋るようになってきます。

 

特に出産費用のように、借りる額が大きい場合は、とにかく借りることが出来れば本当にラッキーなのです。

 

消費者金融業者であっても、借入希望額があんまりにも大きい場合、減額されることも多いです。

 

身内がそれだけ大きな金額を貸してくれたとなれば、やはりまずは借りた金額をしっかり返済して、信頼関係を作ることが大事になってきます。

 

出産費用を払えない時に救ってくれた身内に、ひどい仕打ちをすれば、それだけ悪い行いが自分に返ってくるのも当然です!

 

親族関係をあんまりにも悪くしてしまうと子供が生まれてから、親族間などの集いで、肩身が狭い思いをしてしまう可能性もあります。

 

生まれてくる子供のためにも、借りた出産費用は、デキるだけ早く返済して、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

関連ページ

直接支払い制度を導入している産院を選ぶ!
直接支払い制度って何?
クレジットカード払い対応の産院を選ぶ!
出産費用の支払いは現金だけじゃない!
助産院で出産する!
助産院についてガイド!
キャッシングやカードローンを利用する!
キャッシングやカードローンは根強い人気!
買取りを利用して換金する!
車や時計の買取りを利用!
自治体の生活福祉資金貸付制度を利用する!
生活福祉資金貸付制度とは?